スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなリフォーム①

最近小さなリフォームを担当しました。
エコポイント制度等国からの補助もあり、去年から依頼が多い様です。
現に検討なさっている方も多いのではないでしょうか?
小さくても大掛かりでも重要なポイントは似通った物ですので可能な範囲でご紹介いたします。



まず今回は計画検討時のポイントです。

①目標を明確に
今現在どこに不便・不満を感じ、またこれから何を必要とするのかを確認します。ただこれは意外と難しいのです。どなたも充分知識や経験がある訳では無いので(初めての場合が多いと思います)。ある程度漠然とでも良いので「寒いなぁ」とか「子供部屋が使われなくなって余っている」とか「雑誌でみたキッチンにしたい」とかリストアップをし、そこから専門家に相談するのが良いと思います。知識と経験によって重要度・コスト等のバランスから優先順位をつけ状況を整理し、目標が明確になってきます。

②現地を確認
特にリフォームの場合は現にある建物に対して仕事をしていく事になるので、現地を見てもらう事は重要です。また設計者側に生活の状況や雰囲気を知ってもらう事も一緒に計画を進めていく上で特に大切な共通認識になります。
ただこの時、現況によってはリフォームを薦められないという事が出てくる事もあります。予算を掛けた分だけの価値ある状態にならないのです。もちろんどんな建物でも補修は可能ですが、補修できない部分というのがあります(または補修にコストが掛かり過ぎる場合)。そこが残ったまま補修した所で予算を有効に活用できたとは言い難いのです。この辺りは専門家とよく相談して頂きたいです。リフォームする・しない、どれくらいの予算が必要と言った部分に直結してきます。

③予算を検討する
工事の規模や内容によって千差万別です。
・・・もうちょっと説明しますが既にだいぶ長文なので後日続きをアップ致します。
今日はここまでです。

comment

Secret

Re: No title

リフォームは難しいです、本当に。
もとあった物が残りますし、新築時のように制限無く計画できないので。
何とかしたいけど、どうしたら分らないという場合も多いです。
でもこれから増えてくるケースだと思われます。

No title

なるほど・・・・
確かに、ただリフォームしたいってだけじゃ
出来ないですよねぇ。
プロフィール

石井 勅帥

Author:石井 勅帥
      Ishii Masashi
      ハル(柴犬)
      房総千葉で住宅の設計を
      しております
      看板犬をしております
血液型 :(B型)
出身地 :千葉県
資格  :一級建築士
     :インテリア
      コーディネーター
     :二級福祉住環境
      コーディネーター
趣味  :読書と散歩
      旅行(温泉)
      柴犬ハルと遊ぶ
お問い合わせ
(ご相談・設計依頼・その他)
TEL:043-253-3933
mail:
  ishii_sekkeisitu@ybb.ne.jp

ようこそ:

にほんブログ村(★クリック)
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村★
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村★
リンク
お問い合わせ(お気軽にどうぞ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。