スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平泉へ

ディズニーシーのついでに 平泉 まで行って来ました。
ずいぶん前から行ってみたかったんです、中尊寺・毛越寺。片道約500km 7時間のドライブです。

中尊寺に到着しました。まだまだ元気です。
ハルは車に酔ったのと、寺内には入れないので車でお留守番です。

10103101.jpg
長閑な風景です、みていてホッとしますね。実際ここで生活するのは大変なんでしょうけど。
現代では農作業・農村の生活自体が文化財です。

      10103103.jpg
ここを上ると何があるのでしょう、絵になる石段です。

      10103102.jpg
ちなみにちょっと石段の造りが違うだけでこれだけの印象に差が出ます。高貴で緊張感があるというか、神聖な雰囲気が強くなりますね。

      10103104.jpg
ガイドブック等でよく見るアングルです。この先に金色堂があるのですが残念ながら撮影禁止で・・・期待が大きかったせいか、実物をみて「なるほど・・・こんな感じか。」といった印象。教科書のままだし、大きくふくらんだ想像以下でした。確かに重要で素晴らしい建築物ではあるんですよ。

      10103105.jpg
気が抜けて・・・こんな風景を撮ってみました。『秋』ですね。

腹が減ってこんな写真を撮ってみました。
      10103106.jpg
うまそうですね・・・、美味かったです。前沢牛の握り寿司(確か2200円)です。

10103107.jpg
毛越寺に行く前に義経ゆかりの高館に寄りました。このからの眺めは最高です、眼下に北上川が流れています。

10103108.jpg
毛越寺に到着しました。庭園と礎石が当時を思い起こさせます。藤原三代の頃、ここはこの地方の文化の中心だったんですね。

      10103110.jpg
古典や歴史の教科書に出てきた曲水の宴をする所ですね、風情があります。現代よりもっともっと文化的な生活を送っていたのだろうと思います。

      10103109.jpg
もうトンボがいます。

      10103111.jpg
もみじも色づいて来ました。『秋』がやって来ています。

ここまでで毛越寺終了です。ほとんど庭園を眺めていました。


毛越寺の後、近くの達谷窟毘沙門堂へ寄り道しました。
      10103112.jpg
坂上田村麻呂創建と伝えられるお堂で、清水寺を模して作ったそうです。もちろんこの建物自体はその後何度か建て替えられ、現在の建物は五代目 昭和36年の建物だそうです。

ここまで巡って午後四時前。もう帰りの時間です。
またひたすら東北道を東京に向けて・・・zzz。

もう1000km日帰りはやってはいけない年齢なんですね、疲れ果てました。




comment

Secret

Re: No title

こんばんわ。
ついでのはずが・・・かなりハードな日帰り旅行でした。
『平泉』いいところですよね。北上川がすごく良かったです。芭蕉がそこらじゅうで一句読みたくなる気持ちが解かります。
今度は出羽三山の辺りを狙っていますが・・・冬は無理みたいですね。

No title

シーのついで?遠いぃ~(笑)

私の故郷に近い場所で、
ここら辺は小学校の遠足や、
家族との旅行で行った場所なので
大変懐かしい思いでいっぱいになりました。
あぁ、金色堂・・・小さいんですよね。
子供の頃に行ったときには、なんとも思わず
大人になってから再度行ってみたときに
胸にずしんと感動したのを覚えてます。

プロフィール

石井 勅帥

Author:石井 勅帥
      Ishii Masashi
      ハル(柴犬)
      房総千葉で住宅の設計を
      しております
      看板犬をしております
血液型 :(B型)
出身地 :千葉県
資格  :一級建築士
     :インテリア
      コーディネーター
     :二級福祉住環境
      コーディネーター
趣味  :読書と散歩
      旅行(温泉)
      柴犬ハルと遊ぶ
お問い合わせ
(ご相談・設計依頼・その他)
TEL:043-253-3933
mail:
  ishii_sekkeisitu@ybb.ne.jp

ようこそ:

にほんブログ村(★クリック)
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村★
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村★
リンク
お問い合わせ(お気軽にどうぞ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。